Bull Market とBear Market なぜ雄牛とクマなの?

English

コロナウイルスのパンデミック宣言で、ニューヨークや東京の株式市場は暴落し、一時は取引が停止されるほどの混乱を引き起こしました。
株式の上がり下がりを表すときに、 Bull MarketBear Market という言葉が使われますが、これは何を意味しているのでしょうか。

今回は、株式市場の動向を示す Bear MarketとBull Market について解説します。

Bull market と Bear market その意味は?

Bullは雄牛、Bearはクマで、どちらも強くて凶暴なイメージですが、
Bull marketは、強気の上げ相場を、
Bear marketは、弱気の下げ相場を
意味します。

決して、雄牛の方がクマより強いからというわけではなく、雄牛とクマの動作に由来していると言われています。

Bull marketとは

Bull marketとは、景気が良くて強気の買い相場上げ相場のことです。
Bullは、雄牛で、角を上に突き上げる動作をすることから、株価が上がる強気市場を表すようになりました。

ニューヨークシテイのマンハッタンにあるウォール街(Wall Street)は、 ニューヨーク証券取引所 を始め、世界の金融機関が集まっている世界経済の中心地です。
このウォール街に近いボウリング・グリーン( Bowling Green )の北、 ブロードウェイ(Broadway) には、有名なチャージング・ブル(Charging Bull)の像があります。 この チャージング・ブル (Charging Bull) は、別名ウォール・ストリート・ブル (Wall Street Bull)や ボウリング・グリーン・ブル(Bowling Green Bull)とも呼ばれ、ニューヨークの観光名所にもなっています。

Chargeとは、突進する、突撃する、という意味ですから、Charging Bullは突撃する雄牛、になります。
Charging Bullの銅像は、高さが3.4メートル、長さが4.9メートルもある堂々たる姿で、今にも角を突き上げて突進してくるような力強さを感じさせます。まさに、世界経済の中心地ニューヨークのウォール街 にふさわしいと言えるでしょう。
荒々しく角を突き上げようとするCharging Bullには、 アメリカの景気が良くなり、株価が上がるようにとにとの願いが込められています。

New York Stock Exchange ニューヨーク証券取引所

Bear marketとは

一方、Bear marketは、市場が弱気になっている下げ相場を言います。
クマが前足をふり下ろす動作から、株価の値下がりを表すというわけです。

なぜ下げ相場を象徴する動物がクマになったかについては、もう一つの説があります。

それは、16世紀のことわざ、

Never sell the bear’s skin before one has killed the beast. ””
”クマをしとめる前にクマの毛皮を売ってはいけない”

に由来していると言われています。このことわざは、日本でいえば、
とらぬ狸の皮算用
と同じ意味です。

かつて、クマの毛皮を売りさばく仲買人は、まだ猟師からクマの毛皮を買う前に、客からの注文を取っていました。仲買人たちは、できるだけもうけを多く出すために、毛皮を安く仕入れて、高く売ろうとします。
この仲買人たちは、クマの毛皮で仕事をしているので、Bearskin Jobberと呼ばれていましたが、いつしか、それが短くなり”Bears”呼ばれるようになります。”Bears”たち仲買人は、いつもクマの毛皮の相場が下がることを願っていました。そこで、
  Bear⇒⇒⇒価格が下がる⇒⇒⇒相場が下がる
という意味になったというわけです。

仲買人たちは、毛皮の値段が下がることを期待して売り値を決めますので、毛皮の相場が上がると、損をすることもあります。まさに、
   Never sell the bear’s skin before one has killed the beast.
   とらぬ狸の皮算用
ということですね。

これで、Bull marketとBear marketの由来が、動物の強さくらべではないことをお分かりいただけたでしょうか。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました