ビル・ゲイツがおすすめ カーンアカデミー (Khan Academy)

English

これまで、自宅でできる英語学習や、リサーチ用のオンラインサイトをご紹介してきましたが、今回は、小学生から社会人まで、しかもマイクロソフト創設者のビル・ゲイツも自分の子どもたちにすすめたという無料の学習サイトをご紹介します。

サル・カーン(サルマン・カーン)が始めたカーンアカデミー (Khan Academy)です。

Khan Academy | Free Online Courses, Lessons & Practice
Learn for free about math, art, computer programming, economics, physics, chemistry, biology, medicine, finance, history, and more. Khan Academy is a nonprofit ...

カーンアカデミーとは

カーンアカデミーを始めたサル・カーンは、MIT(マサチューセッツ工科大学)で理学士と理学修士を、その後、ハーバード大学でMBA (経営学修士号) を取得して、ボストンでヘッジファンド(hedge fund)のアナリストとして働いていました。
インドとバングラデシュからの移民を両親に持つサル・カーンにとっては、高学歴でエリートコースまっしぐら、まさにアメリカンドリームを実現したような人生でした。

ところが、遠く離れたルイジアナに住むいとこの数学を手伝うために始めたチュータービデオが大好評。なんと、かのマイクロソフト創設者のビル・ゲイツも絶賛するほどになったのです。

“I’ve used Khan Academy with my kids, and I’m amazed at the breadth of Sal’s subject expertise and his ability to make complicated topics understandable. ” Bill Gates 4/14/2012 Time

「私も自分の子どもたちと一緒にカーンアカデミーを利用しています。サルの教科に対する専門知識の幅広さと、複雑なトピックをわかりやすく教える彼の能力に驚いています。」 ビル・ゲイツ 2012年4月18日 タイム誌

オンラインビデオの利用者が増えるにつれ、本業との両立が難しくなったカーンは、投資会社のアナリストの仕事を辞めてオンライン教育事業に専念することを決断します。しかし、収入がなくなり、それまでの貯金を切り崩しながらの生活に。

そこで、ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツの ビル&メリンダ・ゲイツ財団 ( Bill & Melinda Gates Foundation )やGoogleなどが資金を提供し、現在のカーンアカデミーとなりました。

一人一人にあわせて Not “One size fits all”

カーンアカデミーは、サインアップしていなくてもだれでも無料で使うことができます。
左上のコース(Courses)をクリックすると、算数やサイエンスから芸術や人文科学系まで、幅広いジャンルの教科が年齢を問わず学べるようになっています。
サインアップすると、一人一人のニーズに応じてプログラムを作ることもできますし、学習の記録にもなりますのでたいへん便利です。

サル・カーンは、教育は”One size fits all”の画一的なアプローチではなく、それぞれの生徒のペースと能力に応じて個別化することを重視しています。オンライン学習ならば、実際の授業と違って、わかるまで何度も繰り返して聞いたり、一時停止して考える時間を取ることもできます。

彼は、決して、コンピューターが学校の先生の授業にとって代わるとは言っていません。
むしろ、コンピューターやテクノロジーを使えば、授業時間をより有効に活用できると主張しています。生徒たちが自分のペースでビデオ授業を見て学習内容を学べば、先生方は実際の授業時間をわからない生徒の個別指導にあてることができます。
その結果、より人間的な授業が展開できるというわけです。
サルの言葉を借りれば、

”These teachers have used technology to humanize the classroom.”
「これらの先生方は、テクノロジーを使って授業を人間らしくする。」

という、オンライン学習の常識を変える革新的な考えでした。

100%わかるように ”Swiss Cheese Gap”をなくす


もう一つは, “Swiss Cheese Gap”と言われる知識の穴を埋めていくことです。
スイスチーズには、ポコポコと穴があいていますね。そのように、だいたいわかったつもりでいても、80%、70%の理解度で次へ進んでいくと、わからないままにしていた20%、30%の穴が残ったままになります。
その知識の穴をしっかり埋めて、100%わかったうえで、次に進むことが大切だということです。
もちろん生徒全員が100%理解してから次に進むことは、すべての教育の理想とするところです。しかし、実際には、学期末テストまでに、ここまで進まなくてはいけないとか、時間的な制限があります。クラス全員100点、というのはほとんど不可能に近く、現実的ではないでしょう。カーンアカデミーでは、小テスト(Quiz)によって、できなかったところを見つけ出し、理解の穴をうめる方法を取っています。

2012年 世界でもっとも影響力のある100人に

サル・カーンは、2012年のタイム誌で、「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれました。彼を推薦する文章を書いたのは、ビル・ゲイツです。

Salman Khan - The World's 100 Most Influential People: 2012 - TIME
A world-class tutor for the digital age

2011年 TED Talk 

これは、20分とちょっと長いのですが、2011年にカーン氏とゲイツ氏が行ったTED Talkです。興味のある方は、ご覧ください。

Salman Khan: Let's use video to reinvent education | TED Talk | 2011 (video) | Khan Academy
Salman Khan talk at TED 2011 (from ted.com)

日本語版 カーンアカデミー

カーンアカデミーの日本語版もあります。
英語のカーンアカデミーに比べるとコースは少ないですが、日本語で学ぶことができます。

カーンアカデミー | 無料のオンラインコース,レッスン,練習問題
数学,芸術,コンピュータプログラミング,経済学,物理学,化学,生物学,薬学,財政学,歴史,そしてさらにもっと,全て無料で学びましょう。カーンアカデミーは自由で世界クラスレベルの教育を誰にでもどこにでも提供する使命を遂行中の非営利の団体です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました